住宅性能表示制度への取り組み

お客様に安心して住宅をご購入いただくために、当社では「住宅性能表示制度」への取り組みを強化しています。

住宅の性能を、工法・構造・施工者によらず、共通に定められた方法で客観的に示し、それを第三者が確認することで安心して住宅をご購入いただくことを目的とした制度です。 法律に基づき住宅の性能を評価するための基準や手続きが定められ、また、共通ルール(基準)が国土交通大臣によって定められています。建設時に住宅性能評価機関の2回の現場検査と2回の現場把握が行われ、調査・把握の結果、全10分野の項目で住宅の性能を表示します。

住宅性能表示制度4つのメリット

  1. 様式や大きさの違う住宅を一定の基準で比較できる。
  2. 第三者が評価するため、自社のみの評価と比べて安心。
  3. 住宅性能評価を受けると、万一、その住宅の請負契約又は売買契約に関連するトラブルが起きても「指定住宅紛争処理機関」が迅速・公正に対応してくれるので、安心。
  4. 評価の程度で住宅ローンの優遇や保険料の割引が受けられることもあります。
安心のマーク

住宅性能表示10項目

全10分野の項目を等級・数値で評価します。

  1. 構造の安定に関すること

    地震などが起きた時の倒壊のしにくさや損傷の受けにくさを評価します。等級が高いほど地震などに対して強いことを意味します。 等級1でも、建築基準法を満たす住宅なので、大地震が起きても倒れてしまうことはまずありませんが、性能表示制度を使うと、評価機関が建築工事を検査するので、ミスや手抜き工事の防止に役立ちます。 このほかにも、強風や大雪に対する強さに関する評価もあります。

  2. 火災の安全に関すること

    住宅の中で火事が起きたときに安全に避難できるための燃え広がりにくさや避難のしやすさ隣の住宅が火事のときの延焼のしにくさなどを評価します。

  3. 劣化の軽減に関すること

    年月が経っても土台や柱があまり傷まないようにするための対策がどの程度されているかを評価します。等級が高いほど柱や土台などの耐久性が高いことを意味します。
    木造の場合は主に土台や柱が腐らないようにするための対策、鉄筋コンクリート造の場合は主に柱や梁のコンクリートがもろくならないための対策、鉄骨造の場合は主に鉄の部分が錆びにくくする対策を評価します。

  4. 維持管理・更新への配慮に関すること

    水道管やガス管、排水管といった配管類は一般に構造躯体の修繕などを実施するよりも早く取り替える必要があります。
    そこで配管の点検や清掃のしやすさ、万一故障した場合の補修のしやすさなどを評価します。等級が高いほど配管の清掃や補修がしやすいことを意味します。
    また、共同住宅等については、排水管が寿命となった際、新しい排水管に更新する工事のしやすさや、間取り変更のしやすさの情報として、躯体の天井高等の評価、表示もします。

  5. 温熱環境に関すること

    暖房や冷房を効率的に行うために、壁や窓の断熱などがどの程度されているかを評価します。等級が高いほど省エネルギー性に優れていることを意味します。

  6. 空気環境に関すること

    接着剤等を使用している建材から発散するホルムアルデヒドがシックハウスの原因のひとつとされているため、接着剤を使用している建材などの使用状況を評価します。 建築工事が完了した時点で、空気中のホルムアルデヒド等の化学物質の濃度などを測定することも可能です(ただし、測定はオプションです)。 また、住宅の中で健康に暮らすためには適切な換気が必要なので、どのような換気設備が整えられているかについても評価します。

  7. 光・視環境に関すること

    東西南北及び上方の5方向について、窓がどのくらいの大きさで設けられているのかを評価します。

  8. 音環境に関すること

    主に共同住宅の場合の評価項目で、上の住戸からの音や下の住戸への音、隣の住戸への音などについて、その伝わりにくさを評価します(この評価項目はオプションです)。

  9. 高齢者への配慮に関すること

    高齢者や障害者が暮らしやすいよう、出入り口の段差をなくしたり、階段の勾配を緩くしたりというような配慮がどの程度されているかを評価します。

  10. 防犯に関すること

    外部開口部(ドアや窓など)について、防犯上有効な建物部品や雨戸等が設置されているかの侵入防止対策を評価します。

家づくりや分譲住宅についてご不明な点やご相談がありましたらお気軽にご連絡下さい
フリーダイヤル:0120-41-8851受付時間 9:00~18:00(受付時間/9:00~18:00 定休日/毎週水曜日、第2・3・4木曜日)

  1. ホーム
  2. 家づくりに対するこだわり
  3. 住宅性能表示制度への取り組み

このページのトップへ